医療事務って、どんな仕事をするの?

公開日: : 最終更新日:2014/12/10 医療事務 資格

医療事務のメイン業務は、診療報酬の請求です。
いわゆるレセプトと呼ばれているもので、患者さんから窓口で頂く負担分を引いたものを各機関に請求する作業です。
3割負担の患者さんなら、残りの7割の請求となります。

他に窓口業務・会計などです。
電子カルテの普及でより簡単に事務作業が出来る様になりましたが、全医療機関に導入されている訳ではなく、レセコン(レセプトコンピューター)も健在です。

レセコン操作は覚えてしまえば本当に簡単です。医療事務 資格 難易度
ただ、算定出来るはずの点数を弾いてしまったり、完璧ではないので医療事務としての知識も必要です。

医療機関の規模にもよりますが、入院病床がある総合病院などは各科に医療事務もしくは病棟事務、看護助手などが配置されている場合もあります。
入退院専門の医療事務や検診センター専属の医療事務、カルテの管理や搬送など大活躍です。

診療所・医院・クリニックなどの医療事務は、少人数で回していることが多いので一人何役もの仕事をこなします。
看護師さんのお手伝い、医師のお手伝いなども通常業務としてこなします。

現在は少なくなってきてはいますが、院内処方の医療機関であれば処方のお手伝いもあったりします。
勿論、医療行為などは出来ませんので医師、看護師の指示のもと出来る範囲での業務です。

関連記事

休日に診察していただくことができる病院

病院に通う目的は人によって違います。 小さな子供を持つ親御さんは、小児科にお世話になる機会も多

記事を読む

医療事務を勉強して診療所に就職した話

昔から病院で勤務することに興味があったものの結婚、出産が早く子育てをするようになってからは実際そうい

記事を読む

医療事務という仕事の簡単な内容

私が医療事務メディカルクラークとして就いた総合病院では(紹介なので派遣社員の扱いでした)各科に分かれ

記事を読む

医療事務の制度。改定されること

医療事務は診療で点数を計算し負担額を計算するのですが、2年に一度改定されるのでやっと覚えたことが変わ

記事を読む

病院はなんとなく苦手で行きたくはありません。

私は胃痛がひどくて市販の胃薬を飲んでいたのですが、痛みが消えるだけで根本的には治らず、病院に行く事に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑