医療もサービス化?優劣がつく病院運営

公開日: : 最終更新日:2014/12/10 医療事務 資格

最近は大きな病院であれば新しい棟を建設してそれがホテル並みに豪華である、ということはざらにあるようになってきました。

それまでは個室に入ること自体が少しお金もかかるという認識だったのですが、最近では個室でもランクがついていて上位になると高価になってくるというものまであるようです。

そこまでいくとまるでホテルのようですが、実際には病院も患者獲得のための趣向が必要になってきていると言われています。

そのため看護師の方々にもサービス面での強化を要求する病院も多くあるようで、今までの病院の概念とは異なってきているようです。

ですが実際に高価になった病室などは人気があるようで、主に富裕層などに多く使われます。
もちろん今までの病室も健在となるとそこに優劣が生まれます。

以前までは多くの病院でサービス業では無いため平等という精神もあったようですが、現在はそこからかけ離れつつあるようです。

病院側の需要、患者側の需要を比べた時に、患者の需要だけが満たされないケースというのが目につく状態です。

医療内容に対しては特に差がなくても待遇に差が出てしまってはせっかくの入院治療もストレスのもとになるのでは無いかと一部では言われているようです。

 

関連記事

休日に診察していただくことができる病院

病院に通う目的は人によって違います。 小さな子供を持つ親御さんは、小児科にお世話になる機会も多

記事を読む

医療事務という仕事の簡単な内容

私が医療事務メディカルクラークとして就いた総合病院では(紹介なので派遣社員の扱いでした)各科に分かれ

記事を読む

病院は嫌いですが付き添いでよく行きます。

私は健康で病院は自分から行かないのですが、家内や実家の両親の関係で病院まで車で送り、診察中は待合室で

記事を読む

医療事務の制度。改定されること

医療事務は診療で点数を計算し負担額を計算するのですが、2年に一度改定されるのでやっと覚えたことが変わ

記事を読む

世界最先端の眼科医療 レーシック

私は1999年の今から約15年前に、カナダのバンクーバー市でレーシックを受けました。 レーシッ

記事を読む

PAGE TOP ↑