医療事務を勉強して診療所に就職した話

公開日: : 最終更新日:2016/03/23 医療事務 資格

昔から病院で勤務することに興味があったものの結婚、出産が早く子育てをするようになってからは実際そういう機会もなく時が流れていきました。

子供が育つにつれ時間の短いパート勤務をしてきましたがある日、スーパーで「医療事務講座」のパンフレットを見かけ、医療事務の仕事内容について知る機会となったのです。

その時点で年齢は40歳少し手前、今更ながら学校に通い勉強することに抵抗はあったものの説明会があるとの情報がありそれに参加してみて納得いくようであれば受講しようと思ったのでした。

まず気になった点を確認してから検討するつもりでしたので箇条書きにして説明会に臨みました。

医療事務をするには年齢制限があるのか?
費用はいくらかかるのか?
どの程度の学力で医療事務の試験に合格できるのか?
など不安になることはたくさんありましたが参加してみて質問することによって解決していくのが楽しく感じられました。

説明をしてくださった方によれば年齢制限はなく、費用も決して高額ではなく、高校卒業程度の学力があれば大丈夫との事。
納得した形で医療事務講座を受講することができ、勉強させていただきました。

無事に卒業して現在、近所の診療所にて仕事に就くことができ、あの時決断して勉強してよかったと思いました。
年齢が高くなるにつれ、仕事に対しても遠慮がちになることが多くなりますが興味のあることにチャレンジしていくことは自分にとっても大きなプラスになりました。

関連記事

医療もサービス化?優劣がつく病院運営

最近は大きな病院であれば新しい棟を建設してそれがホテル並みに豪華である、ということはざらにあるように

記事を読む

病院は嫌いですが付き添いでよく行きます。

私は健康で病院は自分から行かないのですが、家内や実家の両親の関係で病院まで車で送り、診察中は待合室で

記事を読む

医療事務の制度。改定されること

医療事務は診療で点数を計算し負担額を計算するのですが、2年に一度改定されるのでやっと覚えたことが変わ

記事を読む

病院はなんとなく苦手で行きたくはありません。

私は胃痛がひどくて市販の胃薬を飲んでいたのですが、痛みが消えるだけで根本的には治らず、病院に行く事に

記事を読む

医療事務という仕事の簡単な内容

私が医療事務メディカルクラークとして就いた総合病院では(紹介なので派遣社員の扱いでした)各科に分かれ

記事を読む

PAGE TOP ↑