単身赴任先での行きつけの病院について

公開日: : 最終更新日:2014/12/01 医療事務 資格

わたしは今年の初めから単身赴任をはじめました。

とにかくあわただしい引越しだったのですが何とか年初の勤務には間に合った次第です。

さて、落ち着いてみると不安になってくるのがいざというときに通う病院です。

たしかにインターネットで調べたり、自治体の冊子を見ればどこに何があるかはすぐにわかるものです。
ですが家族と一緒に住んでいれば近所で評判になっているお医者さんが内科、皮膚科、小児科などわかるわけです。

これが一人暮らしになるとこうした情報が入ってこないのでいざというときに困ります。

風邪などは何年もひいていませんので心配していませんがわたしの場合、冬場の乾燥肌と花粉症だけは避けては通れない症状になっています。

まずはこの春困ったのが花粉症です。

耳鼻咽喉科に通うにも病院を調べて花粉症に評判がいいか悪いかよくわからないまま、結局は一番近い病院を選んで通いました。

皮膚科については今も調査中です。
といっても同じマンションに知り合いがいるわけでもなく、インターネットの口コミや仕事の休みの時間に通えるかどうかを調べることができるくらいのものです。

やはりかかりつけの病院はきちんと決めておくほうが安心だということがよくわかりました。

 

関連記事

医療事務って、どんな仕事をするの?

医療事務のメイン業務は、診療報酬の請求です。 いわゆるレセプトと呼ばれているもので、患者さんから窓

記事を読む

病院は嫌いですが付き添いでよく行きます。

私は健康で病院は自分から行かないのですが、家内や実家の両親の関係で病院まで車で送り、診察中は待合室で

記事を読む

医療もサービス化?優劣がつく病院運営

最近は大きな病院であれば新しい棟を建設してそれがホテル並みに豪華である、ということはざらにあるように

記事を読む

医療事務の制度。改定されること

医療事務は診療で点数を計算し負担額を計算するのですが、2年に一度改定されるのでやっと覚えたことが変わ

記事を読む

病院はなんとなく苦手で行きたくはありません。

私は胃痛がひどくて市販の胃薬を飲んでいたのですが、痛みが消えるだけで根本的には治らず、病院に行く事に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑