総合病院における医薬分業の大きな成果

公開日: : 医療事務 資格

私がパーキンソン病で通院してる総合病院では、今年の前半まで病院内で薬を出していたようです。

出していたようですと言うのは、ギリギリ私が初めて薬を処方してもらった時に、何と初めて本格的な分業が開始されたので、院内処方を経験していないのです。

通院し始めた頃、病院内のいたる所に、“院外処方となりました”という貼り紙がしてあったので、それまではこの病院は院内処方だったんだ~古いなと思った記憶が有ります。

過去、総合病院の院内処方は信じられないほど時間がかかりました。
それこそ余計に具合が悪くなるぐらいに。医療が発展しているのに、なるべく待たさない工夫は立ち遅れていました。

私は、複数の医療機関ににかからざるを得ない状態ですが、薬局は一か所に集約しています。

そうすることで、服薬状態を薬局が完全に把握しておいてくれるので、次にどの病院のどの薬の処方が、いつ来るのかまで分かります。ですから在庫切れが有りません。

私の場合、どの薬局でも常備してあるとは限らない薬も有るのです。

特に、総合病院(市民病院なんですが)は、FAXで指定の薬局に処方箋を送信しておけます。帰りに薬局に行けば、もう薬の用意は整っています。

難病、持病を抱える者は、病院に行くのも大変なんです。
医療機関は、少しでも患者の身体的、精神的負担を軽くする対策を考えて欲しいものだと思います。

 

関連記事

世界最先端の眼科医療 レーシック

私は1999年の今から約15年前に、カナダのバンクーバー市でレーシックを受けました。 レーシッ

記事を読む

受付は病院の顔!医療事務スタッフの対応がカギ

病院、医院などで患者さんが一番最初に接するのが受付にいる医療事務員です。 初めて(初診)の患者

記事を読む

医療事務の制度。改定されること

医療事務は診療で点数を計算し負担額を計算するのですが、2年に一度改定されるのでやっと覚えたことが変わ

記事を読む

医療事務って、どんな仕事をするの?

医療事務のメイン業務は、診療報酬の請求です。 いわゆるレセプトと呼ばれているもので、患者さんから窓

記事を読む

病院は嫌いですが付き添いでよく行きます。

私は健康で病院は自分から行かないのですが、家内や実家の両親の関係で病院まで車で送り、診察中は待合室で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑